フィラリアって何❓

2020.02.16

お知らせ

営業の入江です\( ˆoˆ )/

保護犬のカウル君🐶保護されたときフィラリアっていう病気に侵されていました😔

 

フィラリア(犬糸状虫)っていう病気は蚊を媒介として犬の体を長期に渡って、ジワジワと蝕む病気です。

犬の体内に入った感染幼虫は、犬の皮膚の下や筋肉、脂肪などで生活を始め、そこで約2ヶ月間成長します。そして、その後血管内に入り、最終的な棲家となる心臓と肺動脈に移動します。成虫の寿命は5~6年といわれています。つい最近までは犬の病死原因で1番多かった病気です。すごく恐ろしい病気なのです。

 

しかし、獣医学も発展し、非常に効果的な治療方法が開発されました。

その名をボルバキア治療といいます。

 

ボルバキア治療とはフィラリアの体内にいるボルバキアという共生細菌を抗生剤で殺すことでフィラリアの寿命を縮める治療法です。フィラリアはこのボルバキアという菌がいなければ生きられないそうです。

 

カウル君はこの治療法で陰転しました。他の元気な犬の様には激しい運動などできませんが通常の生活は十分にできる様になりました✨

 

8歳になりましたが、まだまだ長生きしてくれるように一緒に頑張ります😀